一人で結婚式の準備をした話

1人で準備した結婚式

交際3年、そろそろ結婚かなぁと思っていた頃に彼の海外赴任が決まりました。
同じ職場ということもあり、海外赴任のことを先に知ったので、
「一緒に海外に行こう。」とプロポーズされるだろうな。と期待してました。
すると彼からは「一緒に行く?どうする?どっちでも良いよ。待ってる?」と言われ、
少しショックでしたが、私は「一緒に行く」と答え、それで結局は結婚することになりました。

 

海外赴任は1か月後だったので、すぐにお互いの両親に挨拶をして、入籍しました。
彼は1か月後に赴任でしたが、彼が「海外に赴任後しばらく生活に慣れてから、私を呼び寄せたいとのこと」で、私の仕事の都合も考えて、私は10か月後に海外に行くことになりました。
準備のことも考えて、当初は結婚式はしないつもりでしたが、周りの勧めもあり 私が海外に行くまでに10か月の時間が出来たので、身内だけで呼んで挙式をすることになりました。
そのため、彼が行く前にいくつか結婚式場の下見をしました。

 

どこの会場も、自分たちがする準備がたくさんあったり、打ち合わせ回数も多く、それを私1人で行うことは困難でした。
また規定も多く、招待状やドレスや引き出物はその式場契約の物以外を選ぶと、持ち込み料が発生したり、新郎新婦だけでなく親族待控室の料金なども発生し、式やドレスにかけたいお金が、違うところの料金でどんどん膨れ上がり、どんどん高額になってしまいました。
そこで、私達は準備や打ち合わせの負担が少ない会場を探し、少し距離はありましたが地方のレストラン付属の美術館で挙式することにしました。
会場が自宅から遠いこともありましたが、私が挙式前に会場に脚を運んだのは2回だけです。
あとは、ほとんどのことを美術館側にお任せでした。

 

基本的にはその美術館のスタイルが決まっていますが、大事なことはメールや電話で希望は聞いてくれますし、私達の要望も受け入れていただけました。
会場に関しては私達がゼロから作り上げる必要がなく、またドレスや引き出物に関しては、私が好きなものを家の近くで好きなように選んで無料で持ち込めるし、控え室も無料で使わせていただけました。
結婚式当日は、来ていただいた方から「ラフで良かった」「お料理もおいしかった」「ホテルや結婚式場では無くて、とても新鮮な結婚式だった」と喜んでいただけました。

 

私1人での準備も苦労は無く、とても素敵な結婚式を挙げることができて、とても満足しています。